2018年06月15日

白猫君への祈り

おはようございます。


ときママが救えなかった白猫君の祠にお線香を立てても濡れない屋根がつきました。


白猫君をはねたお父さんご一家は朝に、元飼い主は昼に毎日手をあわせに来ていると農家さんから聞いていた娘たち。


農家さんの家のお花をいただいて白猫君の祠に供えて手をあわせました。


祠の中には〈たまの伝説〉が供えてあり、女子高生が猫君に届きますように…と置いて行ったときいています…


今頃、虹の里でいっぱい遊んでたまの伝説食べているのかな…




四女と末っ子が供える前の画像です

同じカテゴリー(心の素養)の記事画像
大好きなおじぃに…
敷き布団に
採水地
続ける勇気!
リトルボーイ
娘たちのキャーキャー!
同じカテゴリー(心の素養)の記事
 大好きなおじぃに… (2018-08-14 11:24)
 敷き布団に (2018-08-13 07:39)
 採水地 (2018-08-12 09:12)
 続ける勇気! (2018-08-11 09:47)
 リトルボーイ (2018-08-06 08:00)
 娘たちのキャーキャー! (2018-08-05 17:57)

Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 07:18│Comments(0)心の素養
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。