2017年08月30日

看護師による感染症

おはようございます。送料補助の娘ちゃんの同級生からきた信じ難い感染症のお話です。

その病は疥癬(かいせん)です。


高齢者にヒゼンダニが媒介して発症しますが(体力の弱い方がかかりやすい)、事もあろうに気づかず看護師が拡大させていたのです、伝ぱんと言う形で…


何の罪もない高齢者が看護師のうっかりミスで病に貶められるのです。


気をつけていただきたく思います。




こういう髪飾りにも疥癬(かいせん)菌が付着して拡大する事例もあるとおかぁはんが教えてくれました

同じカテゴリー(心の素養)の記事画像
猫の日、ニャンニャン!
まなとママのちからに
またまたまた(涙)
被災者と四女のきづな
百均にもあったぁ!
豪雪の弊害
同じカテゴリー(心の素養)の記事
 猫の日、ニャンニャン! (2018-02-22 07:59)
 まなとママのちからに (2018-02-21 18:52)
 またまたまた(涙) (2018-02-21 08:07)
 被災者と四女のきづな (2018-02-20 18:19)
 百均にもあったぁ! (2018-02-09 06:43)
 豪雪の弊害 (2018-02-08 19:56)

Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 08:35│Comments(3)心の素養
この記事へのコメント
看護婦(師)のキャップ姿がなくなったのは感染症防止とは本当なのですか?
気づかないところで変わってきたのですね。
Posted by yado8yado8 at 2017年08月30日 20:14
看護婦(師)さんらの“脱帽式”は、今はどうなっているんですかね。
素朴な疑問でした。
Posted by yado8yado8 at 2017年08月30日 20:24
こんばんは、お久しぶりです。


コメントをありがとうございます。


感染症が主な原因であった事は事実です。

あってもなくてもストレスがたまるのか、めちゃくちゃも言います。


疥癬(かいせん)重症の患者を先にしろ…とかね。


看護師補助の助手さんも大変だと、おかぁはんにこぼした方もいらっしゃいます。


伝ぱんの意味すら理解できないのですから驚いた…と、おかぁはんは嘆かわしくなったと涙目でした。


院内感染症もいろいろですから気をつけてくださいね
Posted by yado8さま at 2017年08月30日 20:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。