2016年04月28日

カリフラワーの固いとこを使って…

おやすみ前に。



妻が少し前まで作っていたカリフラワーの固い部分のスライスを使った娘たちの大好きなご飯のお供、ゴマ和えです。



鯉川酒造さんの日本酒を使い、アルコールを飛ばして糖分にして、すりごまを炒り直して醤油と和えたものです。



大根葉とちりめんじゃこのゴマ油炒め、セニョリータ(カラーピーマン)昆布につぐ娘たちのやめられないご飯のお供なんです。



ブロッコリーの芯もスライスして、味噌汁に入れたりするのも野菜を余すことなくいただくためです。



酒田のおじさんのハウス野菜で元気が出る料理が作れたらうれしいです!


同じカテゴリー(食べたものからからだはできている)の記事画像
あか大根の…
待ちに待ちましたっ!
こんなんあるよ!!
今の日本が失ったもの…
おとぉはんの里から
被災地の娘たちより
同じカテゴリー(食べたものからからだはできている)の記事
 あか大根の… (2018-09-25 07:44)
 待ちに待ちましたっ! (2018-09-24 07:52)
 こんなんあるよ!! (2018-09-21 10:04)
 今の日本が失ったもの… (2018-09-20 07:14)
 おとぉはんの里から (2018-09-19 09:27)
 被災地の娘たちより (2018-09-18 13:48)

Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 22:40│Comments(0)食べたものからからだはできている
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。