2016年04月18日

驚いた被災地域の対応

こんばんは。



主人より被災地の現状をしっかり伝えた方がいい…と言われ、出てきました。



先ほど主人も赤ちゃんのことを書いたと思いますが、避難所では驚きの自治体対応が問題になっています。



寝たきりの親を抱えて避難所にいけない家族、また避難所には行けたが赤ちゃんが小さく夜泣きして出ていけと言われる夫婦、半分痴呆症がでる親が食べてないといい食事をもらえない…など



そうなると自治体からは避難所にはこない方が…と言われ、避難所を出て青空避難になっているんです。



これが対応だろうか?と驚いたことだらけです。



主人が書いた赤ちゃんと両親は裏道から熊本を脱出させて、知り合いの農家さんにお願いして泊めていただきました。



お母さんは睡眠不足で思うように母乳がでないので、農家さんの協力で母乳がでるように食事体制を整えます。



使い切ったカセットボンベを回収し、新たなボンベを配っています。



できるだけあたたかい炊きたてご飯と味噌汁を補給できるように。



子どもたち含む大人にもラジオ体操とゆったりな深呼吸の推奨を行ってきました。



明日は痴呆症のかかる親を抱えた家族にどうするべきかの判断をしなければなりません。



あまりに理不尽な自治体対応にも驚きを禁じ得ませんが、避難所にいる被災者はおにぎりやパンが食べたいわけではありません。



あたたかいものが食べたいんです。



それは青空避難の被災者も同じなのです  続きを読む


Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 22:23Comments(0)心の素養

2016年04月18日

赤ちゃんのための毛布

こんにちは。



写真は北海道にいる子宮頸がんワクチンによる重度歩行障害に陥った娘から届いた毛布です。



和布団の上に被せて使っていた愛用品。


赤ちゃんを地べたに寝かせていた家族に妻が届けたものです。


硬い寝床に赤ちゃんも休まらず夜泣きが激しかったため、避難所を出ざるを得ず、被災家屋に戻り過ごしているんです。



理不尽にも避難所を出された親子…



地震に怯えながらようやく赤ちゃんが眠ってくれたようでひと安心。



この親子の安住の家を探さなくてはならない状況の妻です…
  続きを読む


Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 17:20Comments(0)心の素養

2016年04月18日

被災者からいただいたラーメン

おはようございます。



娘たちがトイレの水や飲料水を届けた時にいただいたラーメンを昨日昼間に娘たちだけでいただきました。



写真は久留米とんこつラーメンでロメインレタスがちぎって入ってます。


チャーハンだけでなくラーメンにも固めのロメインレタスなんだな…



これも娘たち流です。



被災地御船町周辺ではアジア系窃盗団の可能性高い不審者情報がでたので娘たちを連れて行けないと判断した専門学校。


被災者の援助の一環で服の提供をスタート。



被災地ではあたたかいご飯もの意見があり、山形県内の親類が特別栽培米のはえぬきとつや姫を送ってくれたので、妻がおひつに入れて交通寸断の被災者へ運びます。



部外者がでるまくではありませんが、少しでも…と思い、妻は被災地へ出発しました  続きを読む


Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 07:30Comments(0)心の素養