2016年04月17日

家族避難の完了

こんにちは。



九州の天候不順の中、寝たきりの親を抱えた2つの家族避難が完了し、妻が帰宅。



娘たちに夕食の用意をさせていたのが苦になっていたのか、ひさしぶりにニラ玉のもやし塩糀あんかけ(写真)を作ってくれました。



娘たちも1日、服の裁断やらミシンがけやらを頑張ってくれていたので少しの幼児や乳児のきがえを作り上げました。



天候の回復を見ながら手分けして届けて行く予定です。



寝たきりの親や歩行困難者がいると避難できない現実が浮き彫りになったわけですから、防災にこれでいい…はないんだよ!と自治体にも自覚していただきたいですし素案は作り直すべきだと思います。



明日も交通寸断地域への救援を準備してまいりたいです。



自治体や自衛隊でない、民間にもできることがあるのだと…



思いました…  続きを読む


Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 17:17Comments(0)心の素養

2016年04月17日

交通寸断、寝たきりの家族を抱えたら避難できない!

おはようございます。



今日は天候不順のため娘たちは自宅で避難している子どもたちへ洋服作り。



妻は社内ヘリで被災地の寝たきりの家族を抱える一家を避難させるために救助へ出ました。


少し前に一家はだんな様の実家へ、寝たきりの親は特養施設に入った連絡がありました。



妻が自治体の方々に知ってほしいことの1つとしてあげている寝たきりの家族がいたら交通寸断されたら容易に避難できないのを知ってくださいと言うことです。



親を置いていけないのが理由です。



妻は和歌山の水害で消防と一緒に寝たきりの家族といた一家を救いました。



後少し救助が遅れていたら一家6人は流されて最悪のシナリオになっていた経験から、交通寸断地域の救助を手がけ必要不可欠な荷物を倉庫に入れるようになりました。



妻からの連絡で上がったものを用意してやるのが自分の仕事です。


そんなことにもかかわらず、トンデモ理論展開した政府要人…



外でなく屋内避難にしろ!



余震が続くなか、恐ろしさにふるえながら寝たきりの親のために屋内避難を余儀なくされる場合のあることも理解できないのですから、被災者はたまりませんよ!



写真は今朝娘たちが被災者一家に作った味噌汁です。



ふのり、お手製油あげ、焼き麩、人参、すずき味噌です。


子どもたちのよろこびあふれたものになりました  続きを読む


Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 07:07Comments(0)いのちのきづな